SET-Jとは

プログラムの目的、内容など
在ボストン日本領事館、ボストン日本語学校、メッドフォード教育委員会が後援してアメリカ人教員を日本に派遣して、日本の教育、文化、習慣などを見聞きしてもらうプログラムがありました。ローレンススクールもそのプログラムに参加し、過去に校長先生、副校長先生、教育委員長、二名の先生が派遣されました。1999年には上記後援によるプログラムが終了してしまいましたが、2002年よりローレンススクールにSET-Jをを立ち上げ日本人保護者の運動により継続しております。多くのアメリカ人にとって、日本は遠い上に言葉も生活様式も全く異なります。アメリカ人教諭に日本の習慣、文化や教育を理解してもらう事にこの派遣は大変大きな影響を及ぼしています。日本では、約10日間かけて各地を回り、平和記念資料館や小中学校などの訪問、ホームステイも体験します。日本全国に数百人いるローレンス帰国生、ご家族の方々、またはSET-Jの活動に興味を示してくださる他機関のご協力を頂いて、アメリカと日本での連携を取り合いながら、毎年この派遣旅行を行っています。派遣された教諭は、この貴重な体験を、毎年、全校生徒、保護者へ報告しています。

2013年4月10日水曜日

派遣先生の決定とお知らせ

皆様
ボストンも前年度より雪が降る日が多かったですが、最近,日中には
10度以上になる日もあり、そろそろ春の風が快い季節となりそうです。

さて今回、皆様にお知らせがあります!

派遣先生は Ms. DIANNE  MUENDEL  先生      
に決定致しました!
2000年より、ローレンス校で生徒達(K~6年生)に国語の読み書きの指導を行い、
現在は国語の教務主任をされている先生です。

尚、毎年11月の派遣を行っておりましたが、今回は本年2013年11月ではなく、 
2014年 夏(6月後半〜7月半ば予定)の派遣となりました事を報告させて
頂きます。

その理由と致しましては、
アメリカの夏休みの始まる日と日本の夏休みの始まる日程の違いが、ほぼ
一ヶ月ある事は皆様ご存知だと思います。
その期間を利用する事により、ローレンスで担任を受け持っておられる先生方や
生徒達などにも負担が無く、より多くの先生方に立候補して頂けるのではないか?
と考えてた折、  Ms. DIANNE 先生の夏派遣希望の立候補により、計画させて頂く
事となりました。

本年度では旅程企画の期間が短い為、来年の派遣となりました事を御了承下さい。

SET-のボランティアの方々

春及び秋のフェアー
学校関係
観光、ホームステイ
懇親会
広島訪問  
アテンド  等  

協賛

クロネコヤマト様
IACE TRAVEL様

今まで御協力頂いた関係者の皆様方にも、
来年の夏 2014 夏 派遣になる事のへ御理解と更なる御協力の程、
何卒宜しくお願い申し上げます。

来年の派遣とはなりますが、旅程自体は本年度中に決定する予定なので
引き続きブログでのご報告はさせて頂きます。

2013年 SET-J 一同