SET-Jとは

プログラムの目的、内容など
在ボストン日本領事館、ボストン日本語学校、メッドフォード教育委員会が後援してアメリカ人教員を日本に派遣して、日本の教育、文化、習慣などを見聞きしてもらうプログラムがありました。ローレンススクールもそのプログラムに参加し、過去に校長先生、副校長先生、教育委員長、二名の先生が派遣されました。1999年には上記後援によるプログラムが終了してしまいましたが、2002年よりローレンススクールにSET-Jをを立ち上げ日本人保護者の運動により継続しております。多くのアメリカ人にとって、日本は遠い上に言葉も生活様式も全く異なります。アメリカ人教諭に日本の習慣、文化や教育を理解してもらう事にこの派遣は大変大きな影響を及ぼしています。日本では、約10日間かけて各地を回り、平和記念資料館や小中学校などの訪問、ホームステイも体験します。日本全国に数百人いるローレンス帰国生、ご家族の方々、またはSET-Jの活動に興味を示してくださる他機関のご協力を頂いて、アメリカと日本での連携を取り合いながら、毎年この派遣旅行を行っています。派遣された教諭は、この貴重な体験を、毎年、全校生徒、保護者へ報告しています。

2017年7月3日月曜日

ジェシカ先生 ボストン到着

皆様

2017年7月2日ジェシカ先生が無事ボストンに到着されました。

Jessica先生より
「Thank you all so so so so much for everything! It was an experience of a lifetime!」


皆様のご協力のおかげで10日間の全行程が無事に終える事ができました。

日本でアテンドをして下さった皆様、ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました!!




SET-J一同


2017年7月2日日曜日

東京観光と懇親会

滞在7日目、
<午前中>
東京観光(茶道教室、東京スカイツリー)を楽しまれました。

アテンドいただきました木田様よりご報告いただきました。

~本文より~

7月1日(土) あいにくの小雨の中、東京観光が始まりました。
ジェシカ先生とは予定通り品川駅改札の時計下にて会えました。
 そのまま茶道体験教室へ向かいました。

入り口が小さい理由、上方への敬いやへりくだりなど、 所作の一つ一つ
掛軸と季節の生花について丁寧にご説明いただきました。
お茶の頂き方を習い、 次にお茶の立て方を習わせていただきました。
講師の方の所作の厳かさに感激され共に静かな時間を過ごしました 。



先生ご希望の東京スカイツリーへ向かいました。
雨模様でしたが、 展望台からの眺めは予測していたほど悪くなく楽しめました。


浅草の仲見世など行けなかったので、 スカイツリーのショッピング街を廻ることにしました。観光地とあり、外国の旅行者が好みそうなお店がたくさんあり、先生は目を輝かせながら見て回られました。
ショッピング中にがま口の入れ物を扱うお店で、「 これはスタンプを入れるケースだよ。」と印鑑入れを教え、 日本の印鑑について説明しました。日本の印鑑システムに驚かれ勉強になったと本日一番のリアクショ ンでした。

予定通り14時には品川へ移動し、 ホテルへ戻り部屋でご準備をされ懇親会会場へお連れいたしました。

ジェシカ先生とは初めましてでしたが、 とても明るくフレンドリーで
一瞬で大好きになりました。ずーっとしゃべりっぱなしで
まるでずっと友人だったような感覚になってしまいました。
エレベーターガールやお店の店員、譲っていただいた歩行者、 駅員さん
何か自分にしてくれた時はすぐに「ありがとうございます」と
感謝を伝えていました。日本人が会釈だけで終わりそうな場面でも
「ありがとうございます」が出ていて、素敵だなと思いました。
一緒に過ごす中で何度も「懇親会が楽しみ」「早く皆に会いたい」 と
おっしゃり、何度もSET- Jプログラムに感謝をされていました。

日本に帰国後もこうしてローレンスファミリーとつながりをもち
素敵な先生方と出会ったり、再会でき本当に幸せに思います。
懇親会に参加していた他の保護者様と今年のSET- Jハンドブック
すごく良くできてるねという話になりました。
ブログからローレンスの日本人コミュニティの活躍を感じました。
大変嬉しく思っております。
本年度も東京観光のアテンドにお声をかけていただきありがとうご ざいました。

ジェシカ先生が無事にボストンに戻られ良き報告会になりますよう 願っております。

木田紘代

~~~~~

木田様大変お疲れ様でした。茶道教室に到着すると手違いで教室が閉まっているというハプニングもあったようですが、臨機応変に対応していただきありがとうございました。
茶道教室では日本文化に触れることが出来、その後の東京スカイツリーで東京の景色を一望し、木田様のご協力のおかげで凝縮して東京観光を楽しむことができました。ジェシカ先生も大満足されたことと思います。東京観光から懇親会まで、一日アテンド頂きありがどうございました。


<午後>
午後は、ローレンス校OBの方々と懇親会が行われました。

以下、取りまとめして下さった大友様よりご報告です。

~本文より~

ジェシカ先生はレストランに入ってこられるやいなや、懐かしいローレンスの子供達とハグし、再会を本当に喜んでいらっしゃいました。
私も懐かしい皆さんとの再会になんだかローレンスの校庭で立ち話をしているような気分になりました。




今年は合計66名の参加となりとても賑やかになりました。





ジェシカ先生も旅行の終盤を迎えSET-Jでアテンドされた皆様、ボストンでこのSET-Jの旅を企画された皆様に改めて感謝していました。

大友

~~~~~

大友様大変お疲れ様でした。参加者総勢66名と、今年は盛大な懇親会になったようですね。ご多忙の中、幹事を引き受けて下さった大友様、この日の為に遠方から足を運んで下さった皆様、貴重なお時間を作って下さった皆様、本当にありがとうございました!!

SET-J一同

ジェシカ先生ご自身のブログ

学校訪問 ~幼稚園~

滞在6日目、
東京都大田区の幼稚園を訪問されました。

ジェシカ先生はキンダーガーデンの先生でいらっしゃいますので、きっとご自身のクラスと重ねて、日本の幼稚園との違いや、新たな発見など、興味深い訪問になったことと思います。

以下、アテンド頂きました澤田様よりご報告です。

~本文より~

幼稚園では、前日からジェシカの訪問を子どもたちにも伝える等、ジェシカが来ることをとても楽しみにしていました。
朝の自由時間に園長先生の案内で園内を回り、年少、年中クラスの様子も少し観ていただきました。







一日観ていただいた年長クラスの先生は、園内でもひと際元気な先生で、子どもたちとの遊びにジェシカを誘い、ジェシカは子どもたちと一緒になって走り回ってくれました。きっと、前日までとは違う疲れを感じたと思います。






私も一日を通して幼稚園を訪問するのは初めてでしたが、kindergarten というよりもpreschool だな、と感じました。
きっとジェシカも同じように感じたと思うのですが、そんな中でも、自分の椅子は自分で片付ける、お当番さんはお昼ごはんの後にテーブルを拭く、風通しのためにベランダのドアが開いていても誰も出て行かない(笑)等、日本の幼稚園児は自立している、と感じたようです。





ジェシカのアクティビティでは、私を介さず子どもたちと直接やり取りする時間もあり、子どもたちとの距離がぐっと縮まったように思いました。その後の遊びでも、ジェシカは大人気でした。

子どもたちが降園した後の園長先生との時間では、先生側の日米の違いやカリキュラムの違い等について熱心に話されていました。

澤田

~~~~~

澤田様大変お疲れ様でした。さすがはキンダーガーデンの先生。ジェシカ先生は日本の園児達にも大人気だったようですね。園児達と一緒に走り回ったり、子供達の様子を熱心にご覧になったりと、異文化交流を通して、感じたものは大きかったのではないでしょうか。今後、ご自身の教育の場に生かしていかれることでしょう。
また、園長先生には今後も交流を続けて行きたいとおっしゃっていただき、大変光栄に思います。礎を築いて下さった澤田様に心より感謝申し上げます。

SET-J一同

ジェシカ先生ご自身のブログ